森を守り、育む
豊かな森の環境と資源を、こどもたちに、次世代に

日本は国土の7割が森林です。うち4割は人の手によって植えられたスギやヒノキ、そしてマツなどの人工林です。

人工林は、人の手が入らなければ森としての機能を失っていきます。適切な間伐、整備が欠かせません。この豊かな日本の森の環境と資源を、こどもたちに、次世代に、大切に引き継いでいくことが、今を生きる私たちにとってとても大切なことです。

「間伐材(かんばつざい)」とは、森林の成長過程で密集化する立木を間引く過程で発生する木材のことです。間伐を行うことで、森の木をふやし、健全な森をふやし、森が吸収するCO2をふやすことになり、豊かな環境が維持されていきます。いままで活用されていなかったこの間伐材を有効利用した取り組みが、日本各地ではじまっています。

abby life nature 森
abby life nature 森

木をふやし、健全な森をふやし、森が吸収するCO2をふやすこと
more trees の森づくり

more trees(モア・トゥリーズ)とは、「もっと木を」というコンセプトのもと、音楽家の坂本龍一を筆頭に、細野晴臣、高橋幸宏、中沢新一、桑原茂一が発起人となり、その呼びかけに賛同した世界各国の100人以上の人々によって設立された森林保全団体です。

森づくりによってCO2(二酸化炭素)の吸収力を高め、「カーボンオフセット」の普及に努めています。また同時に森の持つ保水力や生物多様性などの多面的な機能を回復させることを目指し、国内では間伐のほか、海外では熱帯林の再生保全、砂漠の緑化、マングローブの植林と、世界各地での森づくりを推進しています。

abby life nature 森
abby life nature 森

六月八日、大分 耶馬の森から生まれた香り
森がもっとも鼓動が高鳴る日と言われています

九州 大分は森の成長に適した温暖で自然豊かな土地。しかし大分の森の樹木たちにとって、その環境は決して穏やかではありません。幹から吹き折れるほどの台風の強い風、立ち枯れるほどの夏の日照り、梢を折るほどの水分をふくむ重い雪。大分で育つ樹木たちは、このような過酷な環境のなか、自らを守り生き抜くために力強く、香り高く成長していきます。

100年・200年先の日本の森を守ること。長く日本人の身近にあった森との日々が再来することを願って、久恒山林では“森を想う暮らし”をテーマに次の世代につながる森林経営に取り組み、住宅建材となる杉・檜を育てるとともに、その間伐材・葉・小枝まで使ったアロマを生産し、森を育ててきたからこそ伝えていける“森の素晴らしさ”をみなさまの暮らしへお届けします。

abby life nature 森
abby life nature 森

ぐるぐる、めぐる。
百年の森林構想が目指す2058年の西粟倉村

2008年に岡山県の西粟倉村は、100年の森林構想を発表しました。そして、木を植えた人たちの想いを大切にして森林づくりからの地域再生を目指すという、人口1600人の村の挑戦がはじまりました。材料の木は、日本の森を元気にするために切ったヒノキの間伐材。それからつくった建材の端材からつくれるようにし、山の恵みを無駄にせず、山の環境整備にも役立たせています。

たくさんの人に、ものをつくる楽しさ、そのためにひと手間かける時間の豊かさを知って欲しい。だから、誰でも木の食器が気軽につくれるようにという想いから「ヒトテマキット」が生まれました。

abby life nature 森
abby life nature 森

北海道の素材であること、高品質を追求すること、
森とくらすライフスタイルを伝えること

2000年、林業のまち北海道の下川町で町の資源を活かした新たな産業を模索する中、森の手入れ時に発生する伐採木の枝葉を活用するために生まれたトドマツ精油事業。当初は、パッケージも当時の担当者の手描き、ラベル貼りなどは地元の主婦の皆さん、というように、まさに地域の人の手によるハンドメイドの商品たちが生まれました。

そして2014年、「フプの森」は自分たちのフィールドとなる森を購入しました。ここで実際に森を手入れする様子を発信したり、ワークショップを企画して皆さんに訪れてもらったり、様々な活動を展開しています。下川町では、責任ある森林管理を意味する世界水準の森林認証を2001年に北海道で初めて取得し、伐って育てる循環型の林業を実践しています。

abby life nature 森
abby life nature 森

森の恵み、植物の香り
間伐材から生まれる香りの空間

間伐材ならではの、木の香りがするアロマディフューザー「アニマルアロマ」は、間伐材の木目に沿って、ブレンドオイルが吸収され芳香します。吸収されるにつれ、木材がぬれた状態になるので、日々、吸収具合を視覚的にも楽しむことができます。木目や節の状態により吸収具合に違いが出ますので、自然素材ならではの変化を楽しんでいただけます。

日本の森を守る間伐材 プラス 天然芳香成分。アロマオイルは100%天然自然抽出油をブレンドしています。また、パッケージにはクッション材などは使用せず、紙のみで組み立てるエコパッケージを採用しています。

abby life nature 森
abby life nature 森

間伐材に粘土をブレンドしたセラミック炭を使用
鳥のカタチの湿気臭気とり「チャコバード」

静岡県産のひのき・杉の間伐材に粘土をブレンドし焼き上げられた、消臭・調湿効果の高いセラミック炭を使用した鳥のカタチの湿気臭気とりです。全国森林組合連合会が発行する、「間伐材マーク使用認定」の間伐材を使用したこのセラミック炭。間伐材購入費用の一部は、森の手入れをする際の費用に使われています。

靴の中に入った際に一羽の鳥の姿ができあがります。スニーカーに入れれば、チャコバードのカラダのように。真っ白いスニーカーに入れれば、白鳥に。鮮やかなピンクに入れれば、フラミンゴに。お持ちの靴をカラダに見立ててお楽しみください。

abby life nature 森
abby life nature 森

グリーティングカードが10枚贈られると
アフリカに1本の木が植えられます

1900年代初頭の木製のポストカードにインスパイアされて、グラフィカルなメッセージがプリントされた Timbergram 木製グリーティングカードです。ヨーロッパ西部の木を使い、デザイン・プリントなど全てをイギリスで行っています。

森林の管理や伐採が、環境や地域社会に配慮して行われているFSC認証を受けた森林から生産された木材を使用しています。また、イギリスのTREE AID (ツリーエイド)という慈善団体に参加し、カードが10枚売れる度に、アフリカに1本の木が植えられるという活動を行っています。

abby life fair-trade
abby life organic
 

ページトップへ